トップ >  ネフローゼ症候群とは >  ネフローゼ症候群とは

ネフローゼ症候群とは

ネフローゼ症候群とは、腎臓の糸球体の異常によって蛋白尿・むくみなど
を生じる症状を示す症候群に対する呼称です。

[原因]

 腎臓の糸球体は血液の老廃物を濾過して排出する役目をしていますが、
普通は大きな分子である蛋白(たんぱく)質は濾過されません。
しかし何らかの原因でこの糸球体に障害が起こると、蛋白質が尿となって
外に排出されてしまいます。すると、尿中の蛋白量が増加する(蛋白尿)・血液中
の蛋白量が低下する(低蛋白血症)・高脂質血症・全身がむくむなどの症状が発生
します。
これがネフローゼ症候群と呼ばれる状態です。

 糸球体の障害の原因となるものは腎炎など腎臓そのものの異常によるもの(原発性)、
糖尿病などの代謝異常や膠原病・感染症・毒物などが原因となるもの(続発性)など
さまざまです。
したがって「ネフローゼ症候群」とは単一の病気を表す言葉ではありません。

[症状]

 低蛋白血症による全身のむくみ、血圧上昇や血尿などがみられます。

[治療]

 低蛋白血症とむくみへの対策として、良質のタンパクを多くとり食塩を
ひかえる食事療法を行います。また薬剤療法も行いますが、糸球体病変に
効く薬剤はどれも副作用のあるものが多く医師の指導が必要です。
また続発性糸球体疾患の場合は原因となる原疾患の治療が必要となります。

[受診科]

 腎臓内科

ネフローゼ症候群とは

ネフローゼ症候群という病気がどのようなものなのかを簡単に説明しています。

関連エントリー

ネフローゼ症候群とは